【PR】タイで働く日本人のある1日(パソナタイランド いまみちさんの場合)

こんにちは、ケンです!

今回で4回目。経済が元気なところで働くのは色々刺激があっておもしろいですね。もちろん、良いものから悪いものまで全てを含めて。

最近のタイ就職希望者から実際によく受ける内容をパソナタイランドにピックアップしていただきました。

ある1日のタイムスケジュール

パソナタイランド いまみちさんの場合
人材紹介会社勤務

7:30-8:00 朝の支度
8:40 出社(BTSを乗り換える)
9:00 朝礼MEETING
10:00-12:00 アポ取り、求職者インタビュー、メールチェック
12:00-13:00 昼食
13:00-15:00 クライアント訪問(求人情報ヒアリング)
15:00-18:30 ヒアリング情報の入力、その他面接設定、社内ミーティング
18:30-20:00 自炊で夕食もしくはデリバリー
20:00-23:00 家でくつろぐ
23:00 就寝

タイの魅力/どうしてタイに来たのか?

初めてタイに来たときは、私は22歳の時でした。

その時観光でバンコクやアユタヤ遺跡を訪れたのですが、文化も残しつつも経済的に活気があり非常に魅力的な国である印象を受けました。

また、その後タイ人と知り合う機会があるのですが、その友人が非常に寛容で人想いで素晴らしい方でいつかはタイで働きたいと思っておりました。

タイに住んでみてどう感じたか?タイに来る前と後でのギャップはあるか?

東京に住んでたのですが、比べるとタイは非常に暮らしやすいです。

朝のBTS(電車)は非常に混むのですが、電車に人を押しこむ文化がないので東京よりは全然良いです。

また、美味しいタイ料理も食べれますしお金を出せば日本と同等の日本料理も食すことができます。

タイはすごい暑いイメージがあったのですが、東京の夏や冬に比べてると過ごしやすいです。室内の冷房が効きすぎるので、皮肉にも日本より風邪をひくことが多いです。

タイ人と一緒に仕事をしてみて感じること

 あくまで個人的な感想ですがタイ人は日本人より、仕事をするうえで人間関係を重視している印象があります。

なので人間関係が良好であれば、とても仕事がはかどりますし、逆の場合はまずは人間関係を修復してから仕事に集中した方が良いと感じました。

日本より協力プレーの連携が強いと感じます。

どんな時に英語を使用するか?

主には、社内で英語を使うことが多いです。メンバーとの情報共有やMTG等あらゆる場面で使います。時には、社外のタイ人のお客様とメールでやりとりすることもあります。

タイでの生活費はどれくらいか?

まず公共料金は日本より、3分の2ぐらい安いと感じます。特に水道代は安いです。

電気代は1日中冷房を使う関係であまり日本と変わらない印象です。また携帯料金も500THBぐらいなので安いですね。あとは、食費によって大きく生活費は変わります。

タイ料理であれば一食60THBぐらいですので、非常に安く抑えられますが日本食中心になると日本より少し上乗せで払わなければいけないので、むしろ日本に住んでた時より高くなるケースもあります。

普段どのようなものを食べているか?

朝はおにぎり1個、お昼はタイ料理、夜は日本食を食べたりパスタを自炊しています。

夜は正直作るのが面倒くさいなと思うことも多いので、外食したりデリバリーを頼む機会も結構多いです。

タイ料理は濃く辛く甘いので意識的に栄養のコントロールしないと偏食から脱出できません。ちなみに私は脱出できていません。

休日は何をしているか?

休日はお客様とゴルフをする機会が多いです。またタイは人気観光地ということもあるので、毎月日本から友人からくることも多いです。

なので観光地をアテンドしたり一緒に買い物をしたりしています。また、タオ島でダイビングする機会があったのですが、世界でも屈指の魚の数で非常に美しかったです。

買い物はどんなところに行くか?

タイはショッピングモールがいたるところにあります。また、大衆向けから富裕層向けまで全てラインアップがそろっていますので驚きます。

私は、友人を連れていく以外はあまりショッピングしませんので、普段は日本食の売っているスーパーマーケット(富士スーパー)にいったり、地元のスーパーで満足してます。

最後に

タイで働くことに興味がある方へ、パソナタイランドのオススメポイント

タイで働く上で、仕事面とともに生活面での情報も重要です。私は今回コンサルタントの方とお会いして、色々な話に親身になって対応してくれるそんな印象を持ちました。

自分が仕事を決める上で仕事の情報以外にも自分の欲しい様々な情報を適切に提供してくれることは非常に助かります。

パソナは2019年オリコン満足度調査「転職エージェント」で1位になった実績から、タイでも同様のサービスを提供できるよう活動されています。

タイで働くことに興味がある方はパソナタイランドにまず登録してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA