タイ生活を節約するコツ

※2014年5月18日から更新

バンコクで5年生活してみて、節約について思ったことを改めて書きます。試せそうなものがあったら、どうぞ。久しぶりに更新したので、大きく変わっていると思います。まずは、過去の自分に赤字で答えていこうと思います。

まず、基本的な考え方で、タイ人の生活に近づけることが早道だと思います。それは、やはりここはタイですので、タイ人の生活に即したものが安くて良い物であることが多いです。

とはいっても、私たちは日本人なので譲れないところもあると思います。長く生活すれば慣れもあると思います。サバーイ(快適)を損なわず気楽にやりたいですね。

野菜や果物は市場で買う

大体3分の2の値段から半額で買うことができます。しかも、味は市場の方がおいしいです。使うタイ語も知れていますので、おすすめです。

→忙しく働く中だと、市場が遠いと行くのが面倒くさいですね。今はあまりこだわっていません。

日本のものは日本で買い込む、または送ってもらう

日本に帰るときに買いだめる。生活に欠かせない日本の物は決まっていると思うので、まとめ買いしてくる。重くないものであれば、まとめて送ってもらってもいいかと思います。

→これは今でもやってます。コンタクトレンズやT字髭剃りの買い替え刃などなにげにタイで高くかさばらないものは日本でまとめ買いしてます。半年分は確保してます。

マンションの長期契約をする

生活が安定しているならするべきです。自分のマンションで年間契約すると10%オフです。額が大きいだけにかなり節約できます。

→私の最初のアパートは月単位で借りれたので当時このようなこと書いていると思います。冷静に考えると、普通は1年契約でそれ以降は解約金なしのいつでも退去可かと思います。なので、このことはあんまり役に立たないですね。

難しいけどすごく削れるのは、自分でやれることは自分でやる。時間をお金で買っているところを自分でやる。

メーバーン(メイドさん)やサービスアパートメントであれば、それを自分でやる。人件費もかかっているのでタイは安いとはいえかなり節約だと思います。

→こちらも冷静に考えると、駐在員の方は基本会社負担かと思うので関係なく。僕を含め現地採用の方はそんなところに住まないのでこれも役に立たないですね(笑

エアコンをなるべく使わない

部屋の風通しを良くしてみる。私はマンション玄関のセキュリティーがしっかりしているので、部屋のドアは開けっ放しです。寝るとき以外エアコンはあまり使いません。どうしてもと言うときは水シャワーです。

→これも今となればどっちでもいいですね。ほとんど外出しているので部屋のエアコン代の影響は大したことありません。

移動するときはロットゥー(トヨタのハイエース)を使う

タイ人の足です。どこでも行けます。ちなみに、先日アマタナコンに行ったときは訪問先まで往復で500バーツほどでした。タクシーで行けば、3000バーツ弱でした。時間がすこしかかりますが節約できます。事故が怖いですが旅行でも使えます。タイ語必須です。

→今はチョンブリ在住なので、必要な時はバンコクまで使います。怖い時もありますが便利です。

タイの税制を利用する

働いている人であれば、タイに投資を行って免税や減税の特典が受けられます。

→LTFを買っています。節税になるのでタイで給料をもらっている方はやった方がいいと思います。ブロガーnishizawaさんの記事が節税関係に詳しく、僕も参考にさせて頂きました。

5年住んでみて、上記の赤字以外に今やっている節約があるかといえば

自炊をする

朝ご飯は平日毎日、晩ご飯は時々やってます。チョンブリといえど、スーパーには日本食材が結構売っているので自炊に困りません。作るのは基本日本食。タイ人の日本食好きに感謝です。タイ料理で毎日過ごすのであれば屋台を活用すればいいと思いますが、僕の場合毎日1食以上は日本食です。

と書きましたが、バンコク在住の方は会社関係別で夜飲み歩かないだけで1番の節約になるでしょう(笑

思いつきで書いてみました。節約できるところは節約して、使うときは一気にパッと遊びたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です