タイの格安航空券

423米ドル(日本円で約43000円)

今回、保険更新のために取ったバンコク発沖縄行きの往復チケット。

香港航空で香港経由。日程は夜発で、深夜に香港乗換えとけっこうハードスケジュールです。今は学生なので、文句は言ってられません。

最近は、5~6万も出せば、中国東方航空で日本都市圏を往復できます。本当に安くなりました。

たまにチケットの取り方を聞かれるので、ここで紹介したいと思います。

まず、私が航空券を探すときは、スカイスキャナー(http://www.skyscanner.jp/)という格安航空券を比較するサイトにいって、大体の料金を調べます。このサイトでは、いつからいつまでという詳しいスケジュールが決まってなくても、料金を出してくれるところがすごく助かります。このサイトの注意するところは、実際にはすでに席が埋まっていたり、料金にズレがあったりすることが、たまにあるところです。

私はスカイスキャナーで何社か目星をつけたら、このサイトで予約するのではなく、まず直接その航空会社のサイトで料金をチェックします。そして、スカイスキャナーからも予約をとってみて、最終的に安いところで予約します。旅行代理店が信用できない方や、日程を変える可能性がある方は航空会社で予約するといいです。決済は、クレジットカードです。

全てインターネットで完結するため、時間はそれほどかからなく、おすすめです。慣れてくれば、時間があったら行きたかったあそこに寄ってみようなどと、自分でアレンジができるようになり、けっこう楽しいです。

最近読んだ記事によると、全日空との提携を解消したエアアジアは6月から福岡とバンコクを飛ぶようで、これからの動きが楽しみです。

2 Comments

在住者

安い年会費のクレジットカードの旅行保険の対応は、
年会費のそれなりな対応です。
対して、高額な年会費のクレジットカードでしたら、
それ相応の対応が期待できます。
粗末な対応の保険を90日継続する為に、
日本に帰るというのは・・・
月額1~1.3万円程度の長期型の海外旅行保険の方が、
安いクレジットカード保険よりも、対応が数段上ですよ。

返信する
バンコク就職日記

在住者さん、こんにちは。
私の現状では、ゴールドの自動付帯とノーマルの利用付帯の併用です。疾病等は併用ができるようなので、こうしています。
たしかに、海外旅行保険に入った方が対応はいいと思います。一方で、病気で利用したことがない上、対応がいいというのも実際よく分かりません。キャッシュレスサービスなどは便利だとは感じます。
また一度日本に帰れば、必要不可欠な日本の物が並みの値段で手に入り、友人にも会えることもあります。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です